月別アーカイブ: 2015年10月

Windows Server 2012のRDPでサーバー証明書を設定する方法

RDP(リモートデスクトップ)でキチンとセキュアな環境を整えるためには、
サーバー証明書を設定する必要がある。
設定する理由と、設定しない場合の弊害は下記記事を参照するとわかりやすい。
参考: リモート・デスクトップ接続のサーバに「正しい」証明書を割り当てる

さて、それでWindows Server 2008 R2であればGUIで簡単に割り当てられるのだが、
Windows Server 2012では同様の項目が見つからなかった。
調べた結果、どうもPowerShellを使うぐらいしか方法が見つからなかったので、その方法を記載する。

  1. 新しい証明書をダブルクリックし、インポートする。
  2. PowerShellを管理者として実行する。
  3. 以下を実行し、新しい証明書のThumbprintを確認する。
  4. 以下を実行する。これは単にパスを設定するだけである。
  5. 以下を実行し、証明書の割当を変更する。

以上の手順で証明書を設定できる。
実行後、特にエラーが起きないことを確認したら、RDPを切断し、再度RDPで接続できることを念の為に確認する。
RDPしたときのウィンドウ上の鍵マークをクリックすれば、設定した証明書が利用できているか確認できる。

他に方法はあるはずだと思うけど、上記手順で行えたので調査は打ち切りです。
こんな操作すること滅多にないしね。


こういう作業の何が嫌かって、万が一ミスってRDPできなくなったときだね。
データセンターのサーバーに対してやる場合、最悪データセンターに行かなくてはならなくなる・・・

Windows Update KB3055034で凄く困った(修正済。詳細は追記より)

恒例のWindows Updateによる不具合。
今まで運が良かったのか遭遇したことはなかったんだけど、昨日、とうとう大きなトラブルにぶち当たった。
それも仕事関係なのが救えない。

Microsoft Office 2010(KB3055034)の更新プログラム

何が問題かって、この更新プログラムをインストールすることにより、
Excel2010で、Web上のOfficeドキュメントをWebDAVで開けなくなるのだ。
俺が確認したのはSharePoint2010上のファイルだけど、情報調査した限りWebDAV使う物全般がダメになっているみたい。
確認した限り、現象は「認証ダイアログが何回も表示される」「Excelがクラッシュする」等。

今のところ、どうもネット上にはまだ情報があまりない。
一応、確認したのは以下のページ。

KB3055034 breaks opening Office files directly from sharepoint
HOME-BOX2(お知らせの部分)

なお、このKB3055034をアンインストールすることにより問題は解消した。
方法は以下のとおり。

・手動でアンインストールする方法
1. 「コントロールパネル」を開き、「プログラム」をクリックする
2. 「プログラムと機能」の「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックする
3. 「Microsoft Office」カテゴリ内の「Update for Microsoft Office 2010(KB3055034)」を右クリックし、「アンインストール」をクリックする
4. ダイアログの指示に従ってアンインストールする

・コマンドで実行する方法
以下のコマンドを実行する

アンインストーラーが立ち上がるので、指示に従ってアンインストールを行う(再起動が必要)


MicrosoftがKB3055034を取りやめない限り、Wndows Updateを行うとまたKB3055034が入ってしまう。
そのため、以下の対策を行う。

・再度KB3055034をインストールしないように設定する方法
1. 「Windows Update」を起動する
2. 「更新プログラムの確認」をクリックし、現在インストールできる更新プログラムを取得する
3. 取得が完了したら「XX個の重要な更新プログラムが利用可能です」をクリックする
4. 「Office 2010」内の「Microsoft Office 2010(KB3055034)の更新プログラム」のチェックを外す
5. 「Microsoft Office 2010(KB3055034)の更新プログラム」を右クリックし、「更新プログラムの非表示」をクリックする
6. 「OK」をクリックする


しかし、KB3055034からどうしてこんなトラブルが発生するのか。
だってこの更新プログラムの内容って

Microsoft Word 2010 で、ドキュメントにカスタム作業ウィンドウが表示されたら、組み込みの作業ウィンドウに情報が更新されません。
たとえば、選択したテキストの書式は、書式の詳細設定] 作業ウィンドウで更新されません。

だよ?
Officeの内部コードの闇は深い、ということなのか。

ってか、Office2010のメインストリームサポートってこの更新プログラムが出た2015/10/13に切れてるんだな・・・
Microsoft Office 製品に関する各 OS のサポート状況
修正パッチがでなかったらどうしよう・・・


追記(2015/10/20)

どうやら、KB3055034をアンインストールし、ファイルを開けるようになっても、
編集して保存することができなくなるパターンが有るようだ。
その場合はKB3054886も同様にアンインストールすると編集、保存が可能になる。

また、IEの「信頼済みサイト」に登録することで回避できる場合もあるようだ(未確認)
MSの公式情報で確認できるのは今のところ下記だけである。
https://community.office365.com/ja-jp/f/347/t/414294

早くパッチでないかねぇ。


追記(2015/11/24)

2015/11/11のWinddows Updateで同様の現象が再発する模様。
KB3101521のアンインストールで解消した。
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3101521

mso.dllに含まれる不具合のようなので、
今後もmso.dllが更新されると再発すると思われる。


追記(2015/12/09)

KB3114399でKB3055034の不具合が修正されたことが分かった。
これで無心でWindows Updateできるね。
よかったね。おめでとう。