NOVELS

中学生時代に書いて、HPで公開していた黒歴史小説。
10年以上経って、むしろ黒歴史的な部分も受け入れられるようになってきたので、
ここでバックアップも兼ねて公開。


・本当の三年間
中学生活の3年間をエッセイ風にして書いた。
話は「思い出す」だけで「考える」訳ではないので、
適度に力抜いて書いていて黒歴史要素は薄いと思っている。
内容自体は黒歴史だけど、残し方は黒歴史的ではないかなぁ、と。

プロローグ No one knows me
第01話 二号
第02話 メガネ
第03話 性春への好奇心
第04話 漠然呆然だけど最高
第05話 はじめての・・・
第06話 滑った記憶 エピソード1
第07話 滑った記憶 エピソード2
第08話 滑った記憶 エピソード3
第09話 奇跡の雪と言ったところで、奇跡なんておきやしませんよ
第10話 ようこそB組へ
第11話 愛しのあの娘、ベスト10
第12話 好きですかそうですか
第13話 ハイスピードセカンドチャンス
第14話 朽ちた朝礼台の上で